1. TOP
  2. 一瞬で操作できちゃう!Excelの便利なショートカットキー

一瞬で操作できちゃう!Excelの便利なショートカットキー

2016/07/22 Excel活用術
この記事は約 8 分で読めます。

仕事のスピードを上げるために欠かせないのが『ショートカット』です。

Ctrl+C(コピー)、Ctrl+X(切り取り)、Ctrl+V(貼り付け)などは、よく使っているひとも多いのではないでしょうか。

ショートカット = 近道

マウスを使ってしようとするといくつかのメニューを経なければできない操作でも、ショートカットキーを押せば一発でできてしまうのでかなりの時間短縮になります。

「ショートカットキーを覚えるのが大変」
「マウスで不便に感じていないからショートカットなんてする必要ない」

なんて言わないでくださいね。

慣れてしまうとマウスを使うのが面倒に感じるくらい便利なものです。一度にすべてのショートカットキーを覚える必要なんてありませんので、ぜひ、あなたがよく使う機能から試してみてください。

ということで、今回は、Excelの便利なショートカットキーについて詳しく解説していきたいと思います!

 

こまめに押して!もっとも重要なショートカットキー『Ctrl+S』

kieta_otoko

 

「作業中に突然Excelがフリーズ。グラフ消えたー!!」
「打ち込んだデータがすべて消えた。泣きたい。」
「書き終わって上書きしようとしたらまさかの“応答なし”。私の2時間を返して。」

こんな悲痛な声が今もそこかしこで叫ばれています。

なんで途中で保存しておかなかったんだろうと後悔しても、無駄になった時間は返ってきません。

このような事態にならないために、上書き保存のショートカット『Ctrl+S』をこまめに押して保存するクセをつけましょう。

 

自動保存の設定もしておくと安心

あわせて、自動保存の設定もしておきましょう。
自動保存は、開かれているEcxelファイルのコピーが一定間隔保存され、異常終了したときにファイルを回復できる機能です。

デフォルトでは10分間隔で保存するようになっていますが、できるだけ短く(1分がおすすめ)しておくといいですね。

[ファイル] → [オプション] → [保存] → [ブックの保存]の[次の間隔で自動回復用データを保存する]にチェックを入れる → 保存間隔を設定する

jido_hozon

 

名前を付けて保存は『F12』

上書き保存ではなく、別名で保存したいときは『F12』キーで[名前を付けて保存]ダイアログを表示して保存してくださいね。

 

書式設定を開きたい!『Ctrl+1』

[セルの書式設定]を開きたいとき、マウスと右クリックしてメニューから[セルの書式設定]を選択していませんか?ショートカットキー『Ctrl+1』を使えば一発表示できてしまいます。

例えば、下表の3月3日の”休み”の文字を真ん中に表示するよう書式を変更してみたいと思います。

4つのセルを選択する
『Shift+矢印キー』を使えばマウスを使うことなく複数のセルを選択できますね。

uriagehyou

 

『Ctrl+1』を押して[セルの書式設定]を開く → [配置]タブ → [文字の配置]の横位置で[選択範囲内で中央]を選択 → [OK]

sentakuhani_chuo

ちなみに、タブの移動は左右の矢印キーで、メニューの選択はTabキーと上下の矢印キーを使うとキーボードだけで書式設定ができてしまいます。

 

図形などの書式設定をしたいときも、図形を選択した状態で『Ctrl+1』を押せば[図形の書式設定]が表示されますよ。

zukei_shosiki

 

文字列を検索したい!一括修正したい!『Ctrl+H』『Ctrl+F』

特定のデータを探したり、文字列を修正したり削除したりが一括で行えるのが、検索、置換機能です。

tikan_sousa

[検索と置換]を立ち上げるためには、[ホーム]タブをクリック → 右端の[検索と選択]をクリック → [検索]または[置換]をクリックしなければなりませんが、ショートカットキーなら一回の操作でできてしまいます。

[検索]なら『Ctrl+F』

kensaku

[置換]なら『Ctrl+H』

tikan

 

操作を間違えた!戻したいときは『Ctrl+Z』『Ctrl+Y』

modosu

間違えてデータを消してしまったなど、うっかりミスをしたときは落ち着いて『Ctrl+Z』キーを押してみましょう。ホームタブ左上にある矢印マークをクリックするのと同様に、実行した操作を元に戻すことができます。
戻し過ぎてしまっても『Ctrl+Y』で操作を進ませることが可能ですよ。

 

セル・列・行を削除したい!『Ctrl+負符号(-)』 挿入したい!『Shift+Ctrl+正符号(+)』

セルを削除したいときは右クリックして削除を選択しますが、『Ctrl+負符号(-)』で簡単に削除できます。

削除したいセルを選択 → 『Ctrl+負符号(-)』を押下

cell_sakujo
逆に、セル・列・行を挿入したいときは、『Shift+Ctrl+正符号(+)』で挿入できます。

列や行ごと削除したい場合は、列全体や行全体を選択してからショートカットキーを押してくださいね。

 

列全体、行全体を選択したい!『Ctrl+Space』『Shift+Space』

選択しているセルの列全体を選択したいときは『Ctrl+Space』、行全体を選択したいときは『Shift+Space』で一気に選択できます。

ただし、『Shift+Space』は入力モードが半角英数でなくてはだめなので半角英数モードにしてから実行してくださいね。

それでは、下表の田中列の前に1列挿入してみたいと思います。

uriagehyou_after

田中列のセルを選択 → 『Ctrl+Space』で列全体を選択 → 『Shift+Ctrl+正符号(+)』

retu_sonyu

retu_shonyu_after

 

複数セルに一括入力したい!『Ctrl+Enter』

おなじデータを入力したいセルがいくつもあるときは、対象セルを選択してから入力し、『Ctrl+Enter』でまとめて入力することができます。

Ctrlキーを押しながら入力したいセルをクリック → データを入力 → 『Ctrl+Enter』押下

hukusu_sentaku

hukusu_nyuryoku

hukusu_nyuryoku_after

 

スピードアップに重要なショートカット一覧

思っているよりもマウス操作に時間をとられていることが多いので、いくつかのショートカットを使えるようになるだけでも格段にスピードアップします。

上で紹介したものも含め、重要なショートカットを列挙しておきますのでご覧ください。

Ctrl+S  上書き保存
Ctrl+1 セルの書式設定を開く
 Ctrl+F 探したい文字を検索する
 Ctrl+H 複数の文字列を一括修正したり削除する(置換)
 Ctrl+Z 操作を元に戻す
 Ctrl+負符号(-) セル、行、列を削除する
 Shift+Ctrl+正符号(+) セル、行、列に挿入する
 Ctrl+Space 選択中のセルの列全体を選択する
 Shift+Space 選択中のセルの行全体を選択する(選択中セルが半角英数モードのときのみ)
 Ctrl+D 1つ上のセルを複写
 Ctrl+R 1つ左のセルを複写
 Ctrl+Enter 複数セルへ一括入力
 Ctrl+PageUp 左のシートへ移動
 Ctrl+PageDown 右のシートへ移動
 Ctrl+F2 印刷プレビューを表示する(Excel2007以降)
 Shift+F11 シートを挿入
Shift+F10 右クリックメニューを表示
F2 セルを入力状態にする
F4 数式の絶対参照を設定する
F12 名前を付けて保存
Alt+Shift+= オートSUMを実行する
Alt+Enter セル内で改行する
Alt+Tab Windowの切り替え

 

マウスを使わない男性はかっこいい

いかがでしたか?
役立ちそうなショートカットに出会えたのではないでしょうか。

ショートカットは何度も使用することで指が覚えるので、最初は苦労しても繰り返し使ってみてくださいね。

マウスを使わずにサクサク仕事をこなしている男性はかっこよく見えるものです。仕事のパフォーマンスを上げられるだけじゃなく、まわりの女性のあなたに向ける目が変わるかもしれませんよ。

もっと知りたい!と思った方は、以下のMicrosoft社のページをご覧になってみてください。

Excel 2016 for Windows のキーボード ショートカット

Windows 版 Excel 2013 のキーボード ショートカット

Excel 2010 for Windows のキーボード ショートカット

Excel 2007 for Windows のキーボード ショートカット

\ SNSでシェアしよう! /

ぐっじょぶ!|失敗しない副業・起業の道しるべの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ぐっじょぶ!|失敗しない副業・起業の道しるべの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

ミワ

ミワ

ミワです。去年職場の先輩と結婚し、子供の出産を機に退職しました。今は専業主婦をやる傍ら、時間を見てブログをやっています。主人からよく職場の悩み事を相談され、その時のアドバイスが的をついているらしく、今では元同僚や後輩などからも相談を受けます。その体験を活かしたり、得意のエクセル技などをここでは紹介していきたいと思います。少しでもお役に立てれば嬉しいです!

この人が書いた記事

  • 父よ!これこそが妻が喜ぶ大掃除だ!! ※掃除術の解説ではありません

  • たった5分!!オフィスでできる疲労回復術。疲れが取れないあなたへ。

  • 間違えやすい【ビジネス敬語】ランキング! – あなたは正しく使えてますか?

  • 「恥をかかないための」年賀状の正しい書き方、マナー、お役立ち文例集

関連記事

  • 真っ先に知りたい!超重要【Excel】6大関数 ~VLOOKUP編~

  • Excel初心者にもわかる!数式入力の超基本(関数・演算子・絶対参照)

  • 真っ先に知りたい!超重要【Excel】6大関数 ~COUNTA,COUNTIF編~

  • Excelのありがた迷惑なデフォルト機能を外して効率UP

  • 真っ先に知りたい!超重要【Excel】6大関数 ~IF編~

  • 真っ先に知りたい!超重要【Excel】6大関数 ~SUM,SUMIF編~