1. TOP
  2. 父よ!夏休みは父親の株・夫の株を上げるために使え。

父よ!夏休みは父親の株・夫の株を上げるために使え。

2016/08/03 家庭の悩み
この記事は約 6 分で読めます。

あ~もうすぐ夏休み。何日間も家にいるのは気が重たいな・・。

家庭に居場所がなく、夏休みを楽しみに思えないお父さんはとてもたくさんいらっしゃいます。

 

“父親は一家の大黒柱”という昔ながらのプレッシャーはそのままなのに、家事や子育ても手伝うべき、さらには妻の実家とも上手に付き合うのは当たり前と、現代のお父さんには多くのことが求められ過ぎているように感じます。

仕事に家庭に疲労困憊ですよね。

 

なのに、家にいれば、奥さんからは「アレやってコレやって」と頼まれ、こどもからは「どっか連れてってよ」。たまの休みくらいゆっくりさせて欲しいと思うのも無理はありません。

 

それでも、この記事『父よ!夏休みは父親の株・夫の株を上げるために使え。』をご覧いただいているということは、家族想いのいいお父さんなのですね。

 

夏休みは株を上げる絶好の機会

papatomusuko
夏休みといえば、こどもにとって1年で一番楽しいときですよね。
自分がこどもだった頃の1学期が終わりに近づくにつれて地に足がつかずフワフワしていく感覚を思い出してみてください。毎日好きなことをして過ごせる夢のようなときなのです。

一方、お母さん(奥さま)からするとどうでしょうか。
日々の仕事は何ひとつ減らないのに、1日中こどもに付き合わなければならないのです。イライラが募りこどもを叱り散らしてしまうこともあるでしょう。

このまま放っておいては親子関係が悪化してしまうのを避けられません。

 

ここで登場するのがお父さんです!

ぜひ、お母さんとこどもの緩衝材になってあげて欲しいのです。ストレスがたまっているお母さんたちを救ってあげることができたら、父として夫としての株が上がること間違いなしです!

 

とにかくこどもと一緒に遊びましょう

hasirupapatoko
こどもが夏休みにお父さんとしたいことは「遊び」です。

毎日友達と遊んでいるんだからそれ以上遊ぶ必要なんてないんじゃない?と思われるかもしれませんが、友達と遊ぶのとお父さんと遊ぶのでは全然違います。

 

では何して遊んだらいいのかというと、お父さんの好きな遊びをすればいいだけです。サッカーでも野球でも釣りでもカイト(凧上げ)でも、なんでもOK。

自分の好きなことなら時間を忘れてじっくり遊んであげることができますし、上手にボールや竿、カイトを操る姿を見ることでお父さんを尊敬することでしょう。

 

同時に「こどもと遊んでほしい」というお母さんの期待にも応えられてしまうのですから、絶対におすすめです。

水筒とおにぎりを持って朝から夕方まで思いっきり遊び、帰りにお母さんの好きなスイーツなど、ちょっとしたお土産を買って帰ればパーフェクトですよ★

 

こどもの宿題を手伝いましょう

enikki

最近は普通の日でも宿題が多いので、夏休みの宿題となるとかなりの量になります。

こどもの頭の中は遊ぶことでいっぱいですから、宿題なんて二の次。「明日やればいいや」を繰り返すうちにどんどん日にちが過ぎていきます。

それを傍らで見るお母さんは、イライライライラ。実は、こどもがなかなか宿題をやらないことが大きなストレスだったりします。

そこで、お父さんが宿題を手伝ってサクサク終わらせちゃいましょう。手伝うといっても、代わりにやってあげるのはよくありません。サポートしながら進めてあげるようにしてくださいね。

 

shukudai

 

どうやってサポートしたらいいのか?それは、遊びと同様、お父さんの好きなこと・得意なことでいいのです。

DIYが趣味のお父さんは、工作の宿題にその腕を活かしてみてはどうでしょうか。

鉄道に詳しいお父さんは、鉄道会社が行っているスタンプラリーにこどもと一緒に参加して自由研究の題材にしてもいいですね。

動物や魚好きなら動物園や水族館に行って生き物を観察するもよし。カメラが趣味なら、月やいろんな星を撮影して天体観測するもよし。

もちろんドリルの問題で分からないところを教えてあげるのだっていいのです。

 

ただし、気をつけてほしいのは、お父さんがどんなに好きなことだとしても、思い通りにさせようとしないでくださいね。あくまでこどもの宿題ですから、こどもが主体で、宿題を終えた充実感を味わえるようにしてあげるのが大切です。

 

こんな手伝い方もアリ?!『こどものやる気を引き出す』

suitnokodomo

宿題を一緒にやらなくても、こどものモチベーションを上げるような仕組みづくりや働きかけをすることで手伝う方法もあります。

 

あるお父さんは、こどもと一緒に、宿題の全体像を書き出し、それを細分化してスケジュールを立て、どのくらいできたか1週間ごとに話し合ったそうです。

こどもが何をしたらいいのか直感的に分かるようになっただけでなく、あえて自分が仕事で使っているような難しい言葉(プロジェクト、タスク、進捗会議など)を使うことで「かっこいい!」と思わせることに成功し、どんどん宿題が進んだといいます。

 

他のあるお父さんは、「宿題なんてしなくていいじゃん。もっともっと遊んじゃえ~」「8月31日に全部やればいいんだよ。」とあえて楽観的に構えておきながら、宿題の山をこどもの目につくところに常に置いておいたそうです。

するとこどもはだんだん危機感を感じ、このままじゃマズイ!と宿題をし始めたそうです。

 

お母さんを解放してあげましょう

tyorizakka

先述したように、こどもを連れ出して一緒に遊ぶのもひとつですが、お母さんを夏休みの日常から解放してあげてください。

「今日1日、家事はやっておくからゆっくりショッピングでもしてきたら?」なんていってあげたら喜ぶこと請け合いです。

ただの「ゆっくりショッピングでもしてきたら?」ではダメですよ。お母さんがいつもしている家事を代わりにやってあげることに意味があるんです。

もしも何もしないでただ送り出すだけだったら、お母さんは、出かける前に洗濯と掃除をして、帰りに夕飯の買い物をして、帰宅してすぐ洗濯物を取り込んで、夕飯を作って・・「はぁこんなんだったら出かけないほうが良かったわ。」と余計に疲れて逆効果になってしまいます。

sentakumono

慣れない家事をするのはお父さんひとりでは大変なので、こどもと協力するのもいいかもしれませんね。

「お母さんってすごいね。」なんて会話をしながら掃除や料理をすれば、「お母さんに感謝できるお父さんってステキ!」につながることでしょう★

 

父親の株・夫の株を上げるのは簡単ではない

kazokudekamihikoki

こんなの全部やってたら自分の体を休める時間がないじゃないか!と怒声が聞こえてきそうですが、その通りです。

父として、夫としての尊敬や信頼を得るのは容易ではないということなんだと思います。

だからこそ、いつもより時間に余裕がある休みを利用してやってみてはいかがでしょうか?と提案させていただきました。

 

わたしは、大黒柱としての存在以上にたくさんのことを求められる、そんな大変な時代に生きるお父さんたちを応援しています!

 

\ SNSでシェアしよう! /

ぐっじょぶ|デキるサラリーマンになるための仕事術の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ぐっじょぶ|デキるサラリーマンになるための仕事術の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

ミワ

ミワ

ミワです。去年職場の先輩と結婚し、子供の出産を機に退職しました。今は専業主婦をやる傍ら、時間を見てブログをやっています。主人からよく職場の悩み事を相談され、その時のアドバイスが的をついているらしく、今では元同僚や後輩などからも相談を受けます。その体験を活かしたり、得意のエクセル技などをここでは紹介していきたいと思います。少しでもお役に立てれば嬉しいです!

この人が書いた記事

  • 父よ!これこそが妻が喜ぶ大掃除だ!! ※掃除術の解説ではありません

  • たった5分!!オフィスでできる疲労回復術。疲れが取れないあなたへ。

  • 間違えやすい【ビジネス敬語】ランキング! – あなたは正しく使えてますか?

  • 「恥をかかないための」年賀状の正しい書き方、マナー、お役立ち文例集

関連記事

  • 父よ!これこそが妻が喜ぶ大掃除だ!! ※掃除術の解説ではありません